多焦点眼内レンズ(屈折型IOL)

多焦点眼内レンズ

通常の白内障手術とは違い、遠方も近方にも焦点の合うレンズを挿入します。術後に眼鏡装用の必要がありません。

iLasik(アイレーシック)の機器一覧

レーシック

当院ではiLASIKを採用し、従来のレーシックと比べ、手術の安全性と見え方の質が大幅に向上しました。

hibunsho

飛蚊症治療

これまで、硝子体手術でしか治療できなかった、うっとおしい飛蚊症を硝子体YAGレーザーで治療できるようになりました。

緑内障の断面図(房水・高眼圧・乳頭の陥没)

緑内障

緑内障とは眼圧が徐々に増加することにより、視神経が侵され、視野が狭くなっていく病気です。

ドライアイのイラスト

ドライアイ

ドライアイとは眼の表面に潤いがなくなり眼が乾燥した状態つまり涙の安定性が損なわれた状態です。

神経眼科イメージ・視路のイラスト

神経眼科

物が二重に見えたり、瞼が下がる、眼が痛いなどの症状があるときに疑われます。眼や脳に関することを扱います。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症

日本の糖尿病患者は700万人、潜在患者は2000万人、40歳以上の10人に1人が糖尿病、うち30%が網膜症を合併しています。

PRK手術方法のイラスト

PRK

PRKは26年前からある手術方法で、角膜実質からレーザー照射のみのリスクの少ない非常に安全な手術です。

フェイキックIOL

フェイキックIOL

フェイキックIOLとは、強度の近視の人や角膜の薄いレーシックが不適応の方に行う手術です。詳しくはこちら。

オルソケラトロジー

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーは寝ている間にハードコンタクトレンズを装用することで、日中裸眼で過ごせるようになります。

白内障のイメージイラスト

白内障

白内障は主に45歳以上で発症します。80歳代ではほぼ100%の方が白内障です。手術が唯一の治療です 。

眼瞼下垂の手術中

眼瞼下垂・結膜疾患

眼瞼・結膜疾患(眼瞼下垂、結膜弛緩症、内反症、翼状片など) 炭酸ガスレーザーで止血しながら治療します。

PTKのイメージイラスト

PTK

PTKとは治療的表層角膜切除術のことで、エキシマレーザー照射で角膜の表層から実質の一部分までを切除するレーザー治療です。

     

このページの最初に戻る