レーシックについて

当院は、安心・安全・高品質な、アイレーシック(iLASIK)

ひとことでレーシックといっても、いろいろな種類があります。
当院で採用しているiLASIK(アイレーシック)は、イントラレース社のフェムトセカンドレーザーを用いた安全で確実なフラップ作製と、AMO社のアドバンスドカスタムビューによるカスタムメイドの屈折矯正技術を統合した革新的なレーシック技術です。
この技術統合によって、従来のレーシックと比べ、手術の安全性と見え方の質が大幅に向上しました。
iLasik(アイレーシック)の機器一覧

レーシック手術の説明

当院では安全なイントラレースによるフラップ作成をしております。
点眼麻酔(目薬を2-3滴さします)の後、角膜表層にレーザーをあて、薄く均等な厚さのフラップを作成します。

当院のアイレーシック(iLASIK)でのフラップ作成 STEP1+STEP2

動画でご紹介いたします。

従来のレーシックでのフラップ作成方法

STEP1

<STEP 1>点眼麻酔を行い、マイクロケラトーム(一種の刃物)を角膜にあてます。

STEP2

<STEP 2>マイクロケラトームにより、角膜の表層を薄くはがします。
☆この方法では角膜表面の精度が良くありませんでした。

STEP3

<STEP 3>フラップ※を開ける/ 角膜表層をめくります。
※フラップ=手術時、角膜に作るフタのこと。

STEP4

<STEP 4>レーザー照射/エキシマレーザーを照射します。

STEP5

<STEP 5>終了/フラップを元どおりにもどして終了です。

レーシック手術の効果

簡単
手術自体は15分と短く、日帰りできる手軽さなのに、半永久的※に1.2(当クリニック平均)視力が保たれます。かつ手術中も手術後も痛くありません。※高度近視の場合、術後も目を酷使していると再び多少近視化する可能性はあります。

iLASIK(アイレーシック)の安全性

安全

手術で失敗し、失明したという例はありません。

アメリカのFDA(食品医薬品審査局)により、1995年、レーザーによる屈折矯正手術(近視、遠視、 乱視の治療)が認可され、エキシマレーザーの安全性が認知されました。
日本でも厚生省により、近視治療に対するエキシマレーザー治療(PRK)が2000年認可されました。
国内外の多くの実績によって安全性が確認され、年々エキシマレーザーでの屈折矯正手術を受けられる方が増加しています。
iLASIK(アイレーシック)の治療と従来のレーシック治療の大きな違いは、角膜にフラップと呼ばれるフタ(およそ0.1mm〜0.12mm)をつくる際に刃物を使わないため、「レーザーのみですべての手術を安全に行える」ことです。 2007年、アメリカ国立航空宇宙局(NASA)と米国国防省は、iLASIK(アイレーシック)を用いたレーシック手術のデータにより、宇宙飛行士とパイロットにレーシック手術を施すことを承認しました。
iLASIK(アイレーシック)は、極限空間での活動に耐えられることが認められたより安全性の高いレーシック技術です。

保 証

安心
近視は遺伝と環境によるものですから、術後の生活によっては少し進行する可能性もあります。
万が一視力が再び低下した場合、当クリニックの再手術無料コースでは3年以内の追加修正は無料で行っております。
(対象外になる場合もございます)追加修正が可能かどうかは検査をし、角膜などの状態を診て医師が判断することになります。
また、3年以上たっての、再手術がご希望の場合、何年たっても片眼8万円で手術いたします。

レーシックの効果

手術の目標は、安全で最良の視力を得ることです。眼鏡やコンタクトレンズを完全に不必要なものにするのではなく、依存度を大きく減らすことです。夜間運転時の眼鏡や読書用の眼鏡は、手術が問題なく終了しても必要になることがあります。
特に40歳以上で既に老視があり、眼鏡を外すことによって近くが良く見える人は、近くを見る際に老眼鏡が必要になる可能性が高いと思います。かなりの割合 で視力1.0以上に回復することが出来ますが、眼鏡やコンタクトレンズが全く要らなくなるというわけではありません。
矯正度数によって、回復の速さと術後の矯正精度が決まります。矯正度数が大きいと2度に分けて手術する場合があります。患者さんの治癒の速さによって、視力回復や視力結果に影響しますが、個人差がありこれを術前に完全に予測することはできません。
レーシック手術後裸眼視力のグラフ

レーシックのメリット

・近視、乱視、遠視の矯正が可能
・メガネやコンタクトレンズがいらなくなり、視界がクリアになる。
・コンピューター制御で、正確で安全な手術を提供。
・エキシマレーザーは厚生労働省が認可しており、効果と安全性が確認されている。
・点眼麻酔をしてから手術をするので、手術中に痛みを感じることがない。
・手術の時間が短く、入院する必要がない。
・視力が長期的に安定する。
・初期コストはかかるけれども、長期的に見ると割安になる。
・手術後は裸眼で過ごせるので目への負担が減る。
・メガネやコンタクトの手入れや装着のストレスから解放される。
・メガネなどによる頭痛や肩凝りから解消される。

レーシックのデメリット

・初期コストが高い。
・手術後は元に戻せない。
・医師の技術力によって、結果が異なることもある。
・適応検査の結果、手術を受けることができない人もいる。
(角膜の厚み不足、円錐角膜など)
・手術までのコンタクト制限が面倒
・手術後、暫くの間、制限(スポーツ、入浴、化粧等)がある。
・視力の戻りが起こった場合、再手術もしくは視力矯正が必要となる。
・手術後数ヶ月は、合併症が出る可能性もある。
・日本では、まだレーシックについての知識・情報が少なく、歴史も浅く、アメリカの
ように浸透していない。
・長期に渡る安全性が実証されていない。

再手術について

セントラルアイクリニックでは7000眼を超える屈折矯正手術(レーシック・PRK)を行っていますが、稀に再手術が必要なケースがあります。手術前に複数回の精密検査を行い、皆様の希望にそえるよう万全を期していますが、皆様の角膜の状態など個人差によることが現状です。
尚、強度近視の方等、最初から一度では希望される視力(屈折度数)が得られない方は再手術無料コースを選択いただきます。あるいは老視(老眼)の方は、再手術の対象になりません。


レーシック関連ページ
     

このページの最初に戻る